東レフィルム加工とは

東レグループのフィルム事業の中核会社です。

設立の背景

2004年に、東レグループのフィルム専門3社が合併し「東レフィルム加工」が誕生しました。

高度化・多様化する市場ニーズを的確に捉え、お客様が求める価値をカタチにする"New Value Creator"をめざして2004年7月、機能コーティング・蒸着などの高度な加工技術をもつ東洋メタライジングと、無延伸ポリオレフィン系(PP、PE)フィルムを主力製品とする東レ合成フイルムおよび東レの包装用フィルム事業を統合。ベースフィルムから先端フィルム加工製品までの一貫営業・技術開発体制を構築し、先端フィルム素材および高機能フィルム加工品を世界各地に供給しています。

東レグループ内での役割

製膜技術を駆使した「ベースフィルム」と
多彩な加工技術を駆使した「先端フィルム加工製品」をトータルに提供しています。

0.1mm以下という超薄のフィルム素材に、導電性や耐熱性、難燃性、加工性、接着性、美麗性、反射性、印字性…など、さまざまな機能・価値を自在に付加する東レフィルム加工のテクノロジー。私たちは、東レグループのフィルム事業の中核会社として、電子デバイスの小型化・高集積化など、めまぐるしい技術革新が進むエレクトロニクス分野をはじめ、食の品質・安全の確保、信頼できる医療環境づくり、そしてかけがえのない自然環境への保護など、常に時代の声に耳を傾けながら、人と社会と自然環境の未来に貢献する革新的なフィルム素材を創造しています。